About
TORANOKO

Performing Arts Company

The words “between reality and unreality” illustrate the sensitive and undefined world of adolescence. The feelings that are released in this dreamlike world, as interpreted by Toranoko, reflect the freedom and flexibility of senses that are still in the process of development. 

現実と非現実の狭間。

子供から大人へと移り変わっていく繊細であやふやな世界。

直接世界に発信できるような芸術活動を行うことを目的とし、舞台、映画、エキシビションなど、子供たちを主体とした、何色にも染まらない独特で幅広い作品作りを行っている。

2001年

自主制作映画「TUTU」が「ぴあフィルムフェスティバル」に入選したのを期に、2002年に発足。

2008年

舞台「箱庭の詩」を愛媛県県民文化会館にて公演。

2009年

ピアニストのKazmierz Guerziod氏のコンサートにて共演。東京・ヱビスガーデンプレイスにて行われた「ポーランド祭」に出演。ショートフィルム「Miuro」を制作し、第2回下北沢映画祭コンペティション部門にノミネートされる。

2010年

ポーランド・ケルツエ市市制1000年記念芸術祭に招待され、ポーランドの3都市にて「残夢2010」を8回公演し、延べ2000人を動員。

愛媛県県民総合文化祭企画公募事業の一環として、古佐小基史氏のジャズハープコンサートにて共演。

maxellハイビジョンシアター映画「Canna Lily」がウェブ上にて公開。

2011年

8月、東京にて寺山修司原作「踊りたいけど踊れない」を座・高円寺にて公演。

11月、県民総合文化祭総合フェスティバルに出演し、東北へのメッセージを込めたパフォーマンスを披露。

2013年

4月、残夢5周年記念作品、寺山修司原作「思い出盗まれた」をなかやまフラワーハウスにて上演。

10月、“JAPAN WEEK”に参加。ポーランド、ポズナン市のオペラ座にて寺山修司原作「思い出盗まれた」を上演。

2014年

9月、文化庁「メディア芸術祭 松山展」にてメディアパフォーマンス・寺山修司原作「踊りたいけど踊れない」を上演。

2015年

5月、残夢2015・寺山修司原作「海のリボン」 をなかやまフラワーハウスにて上演。

2015年~

世界各国の映画祭で80以上の受賞をしているアニメーション 映画監督・山村浩二氏の「マイブリッジの糸」(第15回文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞)とのコラボレーション企画、メディアパフォーマンス「マイブリッジの糸」を始動。

2016年

ポーランド、プシェミシル市国際芸術祭に正式招待。

2017年

ポーランド、クラコフ市“Etiuda & Anima国際アニメーション映画祭”に正式招待。ポズナン市“Teatr Muzyczny”にて公演、ワルシャワ市“Dom Stuki WIOLINOWA”にて上映会を開催。

TORANOKO specializes in a specific form of visual art which combines a broad spectrum of theatre art with artistic exhibitions, and children play the main parts. The motto of the TORANOKO children is “The World Is Our Stage”.

The TORANOKO Performing Arts Company was first invited to perform in Poland in 2010. That performance was in Kielce during the festival to celebrate 1000 years of the founding of the town. On that tour TORANOKO gave eight performances of “Remaining Dreams” (Zanmu) in three cities which were enjoyed by audiences totaling 2,000. In 2011 TORANOKO performed in the Za-Koenji Theatre in Tokyo, where it performed the story written by Shuji Terayama “I Want To Dance But I Can’t Dance” (Odoritai Kedo Odorenai). In 2013 TORANOKO performed “Stolen Memories” (Omoide Nusumareta) by Shuji Terayama in the Poznan Opera House, Poland during Japan Week.  

In 2015 TORANOKO commenced collaborating with the famous animation film director, Koji Yamamura, and presented one of his most awarded films “Muybridge’s Strings” in 2016 during the International Festival in Przemysl in Poland. In 2017 TORANOKO performed  “Muybridge’s Strings and Rhythm of Motion” in BankART NYK in Yokohama. In November TORANOKO was officially invited to perform “Muybridge’s Strings and Rhythm of Motion” at “Etiuda & Anima Film Festival” in Krakow in Poland.

Our Team

監督・脚本・演出 松下ユリア/衣装・振付・歌 松下エリカ 姉妹

TORANOKO Performing Arts Company プリンシパル

総合芸術家

順天堂大学 国際教養学部 客員講師

 

愛媛県松山市出身、姉のユリアは1977年に、妹のエリカは1980年に愛媛県で生まれる。日本人の父親は国際交流の大家で、姉妹も幼い頃からアフリカ、南米、ヨーロッパをはじめ五大陸を歴訪しグローバルな視野を広める。ポーランド人の母親は芸術一家の出身で、祖父はヤヌス・レナルトヴィッチ、ポーランドの教科書に載っているほど有名な画家・インテリアデザイナーである。舞台女優の叔母の影響もあり、姉妹は少女時代からアートが身近にある環境で育つ。また3歳の頃からクラシックバレエを習い、舞台芸術の素養を育む。

ユリアはアート&ファッションを学ぶためイギリスのLondon College of Fashionに進学。Make-up for Performing Artsの分野でハイディプロマを取得。同年エリカは、イギリスのバレエ学校Elmhurst Ballet Schoolに進学しクラシックバレエだけでなく、ミュージカル、コンテンポラリーダンスなど多種多様なダンスを学ぶ。また芸術部門で高校卒業資格/Aレベル最高評価Aを取得。

イギリスでの留学を終え、ユリアはポーランドのAcademy of Art にて彫刻を、エリカはオーストラリアに渡りImage Management Film&Television Screen Acting courseにて演技、画家Archie Graham氏の師事を受け油絵を学ぶ。

 70年代の日本を彷彿とさせるようなエネルギッシュなパワーに魅せられ、1999年に姉妹はタイに住居を移す。ユリアはアートを学びつつ脚本・詩などを書き始め、エリカはKalwin International Instituteで衣装デザインを学ぶ。日本とタイを往復しつつ芸術家としての道を歩み始めた姉妹は、やがて二人の才能を融合させて一つの大きな作品を制作したいと考えるようになり、バンコクで絵画の個展を開催し自主制作映画の制作費を集める。愛媛県の島を舞台にしたキッチュなガールズフィルムである第2作目の自主制作映画「TUTU」が「ぴあフィルムフェスティバル」に入選。

 2002年からは本格的に拠点を故郷の愛媛に移し、"世界が舞台"をモットーに子供たちを主体とした何色にも染まらない独特で幅広い芸術活動を行うTORANOKO Performing Arts Companyを立ち上げる。TORANOKOは、日本ではまだ馴染みの薄いPerforming Artsの分野を、感性豊かな子供たちとともに切り開き、日本の地方都市にいながらグローバルな視野を持った活動を行う画期的な総合芸術グループである。その先駆けとして発表したのが、愛媛の山間部にある熱帯植物園を舞台とし、ダンスと音楽を融合させた芝居「残夢」公演である。芸術を通しての町の活性化プロジェクトとしてスタートした本公演は2009年よりスタートし、9年間にわたるロングラン公演となった。「残夢」公演の芸術性が高く評価され、2010年にはポーランド・ケルツエ市市制1000年記念芸術祭に招待され、ポーランドの3都市にて「残夢2010」を8回公演し、延べ2000人を動員。実演者の少女たちはジャパニーズエンジェルと呼ばれ人気を博した。

 2007年、「TUTU」のぴあ入選をきっかけにユリアが、2009年にエリカが早稲田大学大学院国際情報通信研究科に入学し、恩師である安藤紘平教授に出会う。2008年、ユリアは大学院時代に日立maxell・ぴあからの依頼を受け短編映画「Canna Lily」を監督。一方エリカは2009年 にShort Film「Miuro」を監督し、初監督にして下北沢映画祭グランプリ候補に選出された。二作品とも、TORANOKOの子供たちによるダンスシーンを大きくフューチャーし、ミュージカル映画の復権に挑んだ意欲作である。

 寺山修司と共に天井桟敷で活動した経験を持つ安藤教授からの勧めもあり、2011年より寺山修司の少女詩集を元にした舞台制作をスタートさせる。2011年、寺山修司原作「踊りたいけど踊れない」を東京にて公演。2013年、日本文化を世界に紹介する”JAPAN WEEK IN POLAND”に参加。ポーランド、ポズナン市のオペラ座にて寺山修司原作「思い出盗まれた」を上演し、寺山の天井桟敷と同じくヨーロッパ公演を実現させた。2014年、文化庁「メディア芸術祭 松山展」にてメディアパフォーマンス、寺山修司原作「踊りたいけど踊れない」を上演。2015年、残夢2015・寺山修司原作「海のリボン」 を熱帯植物園にて上演。寺山の元夫人で演劇・映画プロデューサーの九條今日子さんからのサポートもあり、姉妹は寺山作品の次世代の後継者として注目が集まっている。

 2015年から、世界各国の映画祭で80以上の受賞をしているアニメーション作家・山村浩二氏の「マイブリッジの糸」(第15回文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞)とのコラボレーション企画、メディアパフォーマンス「マイブリッジの糸」を始動。2016年、ポーランド、プシェミシル市国際芸術祭に正式招待。満を辞して開催された国内公演として横浜、BankART Studio NYKにて公演。映像(アニメーション)と演劇、ダンス、音楽を融合させた総合芸術、メディアパフォーマンスという分野を確立した画期的な公演となった。2017年ポーランド、クラコフ市“Etiuda & Anima国際アニメーション映画祭”に正式招待され、本映画祭で初のライブパフォーマンスを成功させる。ポズナン市“Teatr Muzyczny”にて公演、ワルシャワ市“Dom Stuki WIOLINOWA”にて上映会を開催。クラコフの映画祭では立ち見が出るほどの満員、ポズナニでは前衛的なパフォーマンスが高い評価を得て、観客を魅了した。

 姉妹には日本のアヴァンギャルドなアート作品を受けとめる特異な感受性が備わっており、彼女らはアーティスティックな言語を多感な少女たちを通して、美しくそして思慮深く表現している。それは新たな芸術、新たな世界観を生み出す試みである。TORANOKOでは歌、ダンス、演技、アートのレッスンを通して高いパフォーマンススキル及び人間性を育む教育を行っており、美しくしなやかに鍛えられた身体を有し、気品と優雅さを兼ね備えた子供の育成には世界的に高い評価を得ている。

 

PROFILE OF YURIA MATSUSHITA 

JOINT DIRECTOR OF TORANOKO PERFORMING ARTS COMPANY

Film Director, Scriptwriter, Hair and Makeup Artist

Yuria Matsushita was born in Ehime, Japan, in 1977.

In 1998 Yuria Matsushita graduated from the London College of Fashion’s School of Make-up and Hair for Performing Arts. In 1999 she studied sculpture at the Academy of Fine Arts in Poznan, Poland then moved to Thailand, where she studied art and began to write poetry and scripts for stage and film performances. In 2000, traveling between Thailand and Japan, she worked in the production of films, fashion shows and exhibitions.

In 2001, Yuria Matsushita’s film “TUTU” was among sixteen works chosen from 758 entries at the PIA Film Festival. In 2008 she directed the film “Canna Lily” for Maxwell Hi-Vision Theatre.

In 2009 Yuria Matsushita received her Master’s Degree from Waseda University’s Graduate School of Global Information and Telecommunication Studies, majoring in Digital Cinematography. During that year, with her sister Erika Matsushita, she founded the thriving fashion company “Little Black Swan”, which produces timeless fashion accessories. Despite her work in “Little Black Swan”, Yuria Matsushita’s principal ambition is to continue to encourage children in the Ehime Prefecture of Japan to pursue their dreams and develop their individual creative talents.

 

PROFILE OF ERIKA MATSUSHITA  

JOINT DIRECTOR OF TORANOKO PERFORMING ARTS COMPANY

Photographer, Costume Designer, Choreographer, Vocal Artist

Erika Matsushita was born in Ehime, Japan, in 1980.

In 1998 Erika Matsushita completed a course of study at Elmhurst Ballet School in England, majoring in performing arts. In the following year 1999 she completed the “Image Management Film and Television Screen Acting” course while she studied oil painting from the Australian artist Archie Graham. Later in 1999 she undertook a four year course in costume making at the Kalwin International Institute in Thailand, graduating in 2003.During this time she was encouraged to study photography while on a short visit to Madagascar. 

Erika Matsushita completed a foundation course in Period Costume Design at the London College of Fashion in 2004.In the following year 2005 she studied hat design from legendary Mrs Helena and Photography from Asia Pawlowska in Poland.

In 2009 Erika Matsushita directed the short film “Miuro” which was nominated for the Grand Prix at the Kitazawa Film Festival. With her sister Yuria Matsushita, she started the thriving fashion company “Little Black Swan”, which produces timeless fashion accessories. 

In 2011 Erika Matsushita was awarded a Master of Arts Degree by Waseda University’s Graduate School of Global Information and Telecommunication Studies. In 2014 she obtained a Barre Astie Diploma, enabling her to be a qualified Barre Astie instructor.

Despite her hectic workload, Erika Matsushita has retained a passionate interest in the TORANOKO PERFORMING ARTS COMPANY, in which she continues to act as Joint Director with her sister and best friend Yuria Matsushita.

Meet The Team

YURIA MATSUSHITA

​松下ユリア

プリンシパル

監督・脚本・演出

メイクアップアーティスト・アクセサリーデザイナー

​ダンス・演技・アート 講師

Film Director, Scriptwriter, Hair and Makeup Artist

ERIKA MATSUSHITA

​松下エリカ

プリンシパル

衣装・振付・歌

コスチュームデザイナー・アクセサリーデザイナー

ダンス・演技・ヴォーカル・バーアスティエ 講師

 Costume Designer, Choreographer, Accessory Designer 

CONTACT US

TORANOKO Performing Arts Company Studio 

〒 790−0045 愛媛県松山市余戸中2丁目7−5

2-7-5 Yogo-Naka Matsuyama Ehime 790-0045, JAPAN 

TEL: 090-8287-4210 

Email: toranoko_p.a.c@toranoko-performing-arts-company.com

  • TORANOKO Channel
  • @toranoko_pac
  • @Toranoko Performing Arts Company
06LBS.jpg

© 2019 by TORANOKO Performing Arts Company